昇るときと降りるときのどちらで痛みますか?

昇段よりも降段の方が身体への負担が大きいと言われています。これは、大腿四頭筋・前脛骨筋の遠心性収縮(筋肉を伸ばしながら力を発揮する)を行っているためであり、遠心性収縮の場合、筋へのストレスが大きく筋力を最大限に発揮できないためである

 

 

当院でも体重をかけた際に痛みが出る方や、足を付く際(降りる際)に痛みが出る方など様々であり、どのタイミングでどこの部位に痛みがでるかで施術も変わってきます。

 

整体院信玄では膝痛の方に向けてしっかりと、カウンセリングをさせて頂いてから施術を行います

 

また、上記のような痛みはヒアルロン酸の注射や、湿布ではなかなか緩和しない方が多いようです。

 

理由は、根本が変わらないからです。

 

 

 

また、日々のケアも大事です。

 

階段昇降訓練は、ADLの改善(階段を使用出来るようになると、生活の範囲が広がり外出の機会も増加する)を目的とすることだけでなく、筋力強化や、持久力の向上も期待できると思います。

 

正しい筋トレと、ストレッチを行いましょう。

 

 

 

山梨県で膝痛、膝の違和感、階段昇降時の痛み等がありましたら、整体院信玄へご相談下さい。

TOPへ